monolithic kernel

QEMU上でBitVisorを動かす

September 14, 2011

    以前BitVisorをKVM上で動作させようとして失敗していたのですが、キャンプの時に忠鉢さんからKVMではなく普通のQEMUを使えばいけると教えていただいたので、試してみました。

    コンパイル

    やってることはconfigureのオプションでKVMを無効にしているくらいです。QEMUはsvmのエミュレーションをデフォルトでサポートしているらしく、特に何もしなくてもsvmが利用可能な状態になっていました。

    $ sudo apt-get install libsdl1.2-dev
    $ wget http://wiki.qemu.org/download/qemu-0.15.0.tar.gz
    $ tar vxzf qemu-0.15.0
    $ cd qemu-0.15.0
    $ ./configure --disable-kvm --enable-sdl
    $ make
    $ sudo make install

    起動

    早速起動してみます。特に変わったオプションを指定する必要はありませんでした。

    $ /usr/local/bin/qemu-system-x86_64 -L /usr/share/qemu -m 1024 -hda qemu-ubuntu.img -serial stdio

    確かに動作するようにはなったのですが、KVMを無効にしてしまったためか動作速度がかなり遅いです。どうしようもないことなんでしょうかね……。