monolithic kernel

User StreamsをWebSocketに流すTwitterクライアントを作った

August 30, 2010

    User Streamsで受信したデータをWebSocketでリアルタイムにやりとりするTwitterクライアントを作ってみました。 ## 特徴

    • 新着ツイートをリアルタイムにプッシュ
    • タブによるユーザ振り分け
    • タブごとの未読管理
    • LDR風のキーボード操作
    • inreplytoを辿ってインライン表示
    • 画像のインライン表示

    ソースコード

    GitHubでソースコードを公開しています。 mono0x’s TwinkleSnow at master - GitHub## インストール

    利用にはruby 1.9.2, TokyoTyrantが必要です。また、gitがあるとソースコードの入手・更新が容易です。以下の説明ではこれらはあらかじめインストールされているものとします。

    gem install em-http-request em-websocket erubis eventmachine oauth tokyocabinet tokyotyrant twitter twitter-streamgit clone git://github.com/mono0x/TwinkleSnow.git twinklesnowcd twinklesnowwget http://labs.cybozu.co.jp/blog/mitsunari/2007/07/24/js/sha1.js -O static/sha1.jswget http://flesler-plugins.googlecode.com/files/jquery.scrollTo-1.4.2-min.js -O static/jquery.scrollTo-min.jscp data/config-example.rb data/config.rbvi data/config.rb
    
    
    # Twitterアカウント@account = ''# クライアントにログインするためのパスワードをSHA-1でハッシュ化したもの@password = ''# WebSocketの設定# この情報は外部に公開される (Webサーバで認証を行えば隠すことは可能)@web_socket = {  :host => '',  :port => 1,}@tokyo_tyrant = {  :host => 'localhost',  :port => 1978,}@oauth = {  :consumer_token => '',  :consumer_secret => '',  :access_token => '',  :access_secret => '',}# im.kayac.comを利用したプッシュ通知設定# プッシュを利用しない場合はnilを設定しておく# @im_kayac = nil@im_kayac = {  :user_name => '',  :handler => '',  :secret_key => '',}# ブロックに関する設定@block = {  # ここで設定した語を含むツイートは表示されない  :words => [    "word1",    "word2",  ],}# ユーザを振り分けタブ設定@tabs = [  # 先頭のタブは2番目以降のどれにも当てはまらないユーザが集められる特殊なタブ  # usersは無視される(が、削除するとエラーになる)  { :name => 'timeline', :users => [], },  # usersに記述されたユーザがタブに振り分けられる  {    :name => 'tab',    :users => [ 'user1', 'user2', ],  },]

    以下のページからスクリプトをダウンロードしてstatic/jquery.mousewheel.min.jsとして配置します。

    MOUSE WHEEL EXTENSION

    また、Webサーバの設定で適当なドメインのルートにtwinklesnow/staticを割り当てておきます。

    実行

    サーバを起動するには以下のコマンドを実行します。

    ruby chirp.rb

    ライセンス

    MITライセンスとしておきます。

    リンク

    利用しているライブラリの一覧です。