monoの開発ブログ

ブログシステムをOctopressに切り換えた

ここ1年ちょっと自作のブログシステムを利用していたのですが、訳あってOctopressに切り換えました。

その訳というのは、メモリ不足です。RubyのWebアプリケーションはもりもりとメモリを豪快に消費するので、VPSで動かすには辛いものがあります。これまではメモリが2GBあるプランに契約して金の力でなんとか解決してきたのですが、先日さくらのVPS 1GBを1年間無料で使える権利をいただいたので、なんとか1GBに収めて移転しようと決意したのです。自宅サーバに移行しようとしていたのもメモリを安価に大量に使えるというのが理由だったのですが、無料に釣られてしまったのでとりあえず延期かなぁと。

Octopressは静的なブログシステムなので、Webサーバだけブログを公開することができます。これにより、メモリ使用量を大きく削減できます。動的なことはできなくなりますが、うちのブログにはもともと動的な要素はほとんどありませんでしたし、コメントはDisqusに丸投げだったので、移行しても特に問題はなさそうです。記事のpermalinkがまた変わってしまいましたが、過去のpermalinkからはすべてリダイレクトするようにしている (WordPress時代のものも含めて) ので、それほど大きな問題はないと思います。

唯一問題があるとすれば、はてなのサービス (はてなブックマーク・はてなスター) の情報が古いpermalinkに結びついたまま変更できないことでしょうか。いい加減マイグレーション機能くらいつけてもいいと思うんですけどね。移動するたびにリダイレクト設定が増え続けて困っています。