monoの開発ブログ

GitHub for Windowsメモ

CygwinからGitHubに移行したのでメモ。Cygwinも導入直後はなかなか気に入っていたのですが、遅いし戸惑う点が多かったしGit使うだけのためにCygwinはオーバースペックな感もあったのでやめました。

インストール

公式サイトからインストール。

.gitconfig

name、emailは必須、autocrlfはfalseにするのが好きです。勝手に改行コード変えられるとウザいので。

[user]
  name = mono
  email = mono@...
[core]
  autocrlf = false
[color]
  branch = auto
  diff = auto
  interactive = auto
  status = auto
  ui = auto

dotfilesをGitHubに置いて同期している、なんて方も多いと思いますが、.gitconfigを同期の対象にしていると、dotfilesをcloneするときに.gitconfigを用意するのを忘れがちなので注意してください。

環境変数

システムの詳細設定を開いて以下の環境変数を追加します。GIT_EDITORのパスは/区切りでないとエラーになってしまいました。GIT_SSHはPuTTYに登録した秘密鍵を利用したいのでPuTTYに付属のplinkを指定しています。

GIT_EDITOR=C:/path/to/vim/gvim.exe
GIT_SSH=C:\path\to\putty\plink.exe

さらに、Pathに以下のようなパス(xxxxxxxxのところはバージョンによる)を追加するとGit Shellのショートカットを使わなくてもgitを使えて便利なのですが、バージョンが上がるたびに変更するのはそれなりに面倒なので、素直にGit Shellを使った方がいいかもしれません。

C:\Users\mono\AppData\Local\GitHub\PortableGit_xxxxxxxx\bin