monoの開発ブログ

CygwinとGit導入メモ

コマンドプロンプトとGitの組み合わせが最悪すぎて困っていたので、Cygwinを入れてみました。正直Cygwinというと昔の残念なイメージしかなかったのですが、今はUTF-8に対応していてminttyというすばらしいソフトウェアも入っているので、非常に快適な環境を構築できました。

やったこと

zshをインストール

LinuxやMacでもzshを使っているので、それにあわせるべくzshをインストールしました。

gitをインストール

今回の最大の目的はこれです。UTF-8をまともに扱えないコマンドプロンプトでGitを扱うのは無理があったと思います。

pageantを使う

GitHubやBitbucketにpush/pullするときはSSHを利用するのでSSHの設定も必要です。私はPuTTYを使っていて秘密鍵の管理はpageantを使っているので、それを使うようにしました。

Cygwinのインストール

公式サイトから拾ってきて普通にインストールします。パッケージはデフォルトをベースに以下のものを追加しました。

  • zsh
  • git

設定

いろいろ設定してzshを起動するためのシェルスクリプトを用意し、mintty起動時に読み込むように設定します。設定はminttyのショートカットを以下の画像のようにすればOKです。

minttyのショートカット

cygwin.sh

#!/bin/sh
cd $HOME
export CYGWIN=nodosfilewarning
export LC_ALL=$LANG
export PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/sbin:$PATH
# PuTTYのpageantを使うための設定
export GIT_SSH=~/bin/putty-0.60/plink.exe
# コミットログを書くエディタを設定
export GIT_EDITOR=~/bin/vim/gvim.exe
exec /bin/zsh -l -i