monoの開発ブログ

キャンプ行ってきた

キャンプに行ってきました。リア充がやるやつじゃない方のです。

キャンプ前

もっと事前の準備はしっかりやっておくべきでした。いろいろ言い訳はあるんですけど、それにしてももう少しどうにかしたかったです。

クラス

私が参加したセキュアなOSをつくろうクラスでは、セキュアなOS開発に必要な知識を講義で詰め込まれつつ、実際にセキュアなOSを設計しました。

私自身は以前から研究で取り組んでいたテーマがあったのでそれを基に進めていこうとしていたのですが、進むどころか問題をいくつも指摘されて後退してしまった感じでした。もちろんありがたいことなんですけど、宿題が山盛りです。

クラスのメンバー、チューター、講師の方々にはとてもお世話になりました。何もわかっていない自分がすごく残念だったのでもっとまじめに勉強します。。。

CTF

ネットに繋がるPCの隣の席だったのでトリビアばかり解いてみたり、他のクラスの人向けで簡単そうな問題を奪ってしまったり、問題を解くことなく500点問題に正解してしまったりと幾つかの要因が重なった結果、MVPになってしまいました。こんな状態で取材を受けるのは恥ずかしかったのですが、断るのもそれはそれで申し訳ないし……。今後は結果と実力のギャップを埋められるように精進したいと思います。

おみやげ

予想を遥かに超える量のおみやげをいただいてしまいました。うれしいけどリターンを求められている感がやばくてビクビクしています。すぐには無理かもしれませんが、いつかお返しするので待っていてください。。。

おみやげ

そのほか

言葉が通じる人がたくさんいてとても楽しかった!うちのサイトを知っている方とかポケモンガチ勢の方もいてびっくりでした。世界は狭い!

今の閉鎖的な環境に篭っているマズさも感じたので、これをきっかけに表に出て活動していきたいですね。

# ちなみにホテルの部屋は2人だけいたぼっち勢のうちの片方でした。見透かされてるんですかね、ほんとに。。。

# あとリアルでGentooとかRedBullとか初めて聞いた気が。最近はユンブルという概念もあるらしい。

おわりに

セプキャンの5日間は本当にあっという間で、とにかく乗り切るのでいっぱいいっぱいだったのですが、終わってから振り返ってみるとほんとにすごいところに行ってきたんだなぁと感じます。このようなすばらしい場を用意してくださった関係者の方々に感謝します。ありがとうございました。